キメラゴン初のオンラインスクール
「インフルエンサークエスト」

サグーワークスで稼ぐ現役ライターが評判やプラチナライター制度を解説

サグーワークスで稼ぐ現役ライターが評判やプラチナライター制度を解説

フリーWebライターのたまくわです。

多くのクラウドソーシングサイトが混在する中で、サグーワークスは珍しい「Webライター専門のクラウドソーシングサイト」です。

Webライター向けの案件のみを掲載していて、その分、単価も高く設定されているのが特徴です。

今回はサグーワークスの紹介と、プラチナライターテストについて解説していきます!

Webライター案件のみのクラウドソーシングサイト

サグーワークスは、Webライター案件のみを扱う、ライティング専門のクラウドソーシングサイトです。

Webライターの案件しか扱っていないので、Webライターであれば仕事を探しやすくなります。

さらに、画像やSEO対策などを除いた、純粋な「ライティングのみ」の案件が多いというのも魅力です。

ライティングのみの案件なので、純粋な時間単価としては大きく報酬が変わります。

高校生や副業にもおすすめ

サグーワークスでは短い1000文字程度の案件から、1万文字程度の案件まで幅広く揃えられています。

つまり時間があるときに短い案件を、時間があるときには長い案件を…という風に、あくまでプライベートを重視した働き方が実現できます。

また、未成年が登録できるのも特徴です。

未成年が利用できるサービスは少ないので、サグーワークスは高校生がバイト代わりに利用することも可能です。

サグーワークスの評判

実際にサグーワークスを利用した感想を書きますと、利便性と安全性、そして信頼性において優れていてとても良いサービスだと感じました。

まず、サグーワークスは専用のポイントで報酬をいただきます。
こちらを換金することでお金が入るんですが、このポイントをAmazonギフト券やiTunesギフトにも交換できるんです。

さらにサグーワークスには口座番号を登録する必要がありません。
ポイントを換金するドットマネーというポイント交換サービスを経由するためです。

ドットマネーはamebaでお馴染みのサイバーエージェントが運営しているサービスですし、サグーワークスから情報が漏れることはないというのは安心ですね。

また、サグーワークスに仕事を依頼する企業は2000社以上で、この中にはYahoo!や楽天といった大手企業も含まれています。

サグーワークスは過去1度も未払いなどのトラブルがないところも、信頼できるなと感じました。

サグーワークスのプラチナライター制度とは

サグーワークスにはプラチナライター制度というものがあります。

基本的にサグーワークスを利用しているライターは

  1. レギュラー
  2. ゴールド
  3. プラチナ

の3ランクで分けられています。

最初はレギュラーから始まり、ゴールドまでランクアップすることができます。

プラチナはテストを受けて合格することで、ランクに関わらずプラチナにランクアップします。
これがプラチナライターテストです。

1.メリット

プラチナライター制度の最大のメリットは、単価が高いことです。

最低でも1円が保証されていて、どれも高単価案件ばかり。

さらにシステム手数料もかかりません。

クラウドワークスやランサーズでは20%ほどの手数料がかかりますが、サグーワークスではそのまま報酬の100%が手元に残ります。

2.単価

サグーワークスの案件の種類は大きく分けて2つあります。

まずはサグーワークスを通して受注する、クラウドソーシングでもよく見る一般的な案件。
こちらは文字単価1円以上がほとんどで、2000文字程度で2000円から3000円ほどの案件が多い印象です。

もう1つはプラチナライターのみが受注できる、専属ライター案件です。
こちらも文字単価は高めで、さらに自分の得意なジャンルをまとめて引き受けることができる、いわゆる継続案件になります。

ただプラチナライターとして活動するだけでも案件の単価は高めに設定されていますが、専属案件で継続的に仕事を依頼されるようになれば、安定した収入が見込めるでしょう。

3.プラチナライターのテスト内容

プラチナライターテストの内容と、その対策について解説していきます。

テストは大きく三部構成になっています。

前提として、サグーワークス事務局より、プラチナライターテストの内容を公開することは禁止されています。
また、受ける度に内容が変わるため、具体的なテスト内容を説明することはできません。

なので「これをやれば合格する」ような手法は存在しませんし、このサイトで伝えているテスト内容・対策も異なっている場合がございます。ご了承ください。

1.リライト

既に記事構成と本文が出来上がっているので、それをリライトします。

本文は箇条書きになっているので、それらを過不足なく使うように、適切な日本語にして文章を作ります。

2.構成案の作成

キーワードが与えられ、それに準じた記事構成を作るテストです。

記事構成だけでなく、記事の全体像をざっくり設定する必要がある他、なぜその全体像なのかまで説明する必要があります。

3.ゼロから1本の記事を書く

構成から記事執筆までを行う、1と2を組み合わせたようなテストです。

1と2ではキーワードやターゲット、どのような記事にするかはある程度の指定がありますが、ここではほとんど指定がありません。

そのため入念なリサーチ、ターゲット層の想定、さらに分かりやすい本文を書く必要があり、テストの中でも最も難しい部分です。

プラチナライターテストのポイント

諦めないこと

月並みな言葉ではありますが、プラチナライターテストを受験するにあたって最も重要なことです。

プラチナライターテストの難易度は、3時間程度の試験時間を確保して受けるのを推奨したいくらい、しっかりしたテストです。
そして、それでも落ちて当たり前な難易度になっています。

一説には合格率は1%ほどと言われています。

しかし受験自体は無料で、何度でも可能です。
難易度は高いテストではありますが、フィードバックを参考に、合格するまで受けるという姿勢が最も大切です。

「こぶたの鉛筆」を読む

サグーワークスが運営している「こぶたの鉛筆」を熟読しましょう。

こぶたの鉛筆では、Webライティングの基本から、間違われやすい日本語などが数多く紹介されています。

こぶたの鉛筆ではプラチナライターテストについても記事で扱っており、実際に「こぶたの鉛筆を読んだ」というテスト合格者の声は少なくありません。

ターゲットを明確にする

記事を書く際に最も重要なのは、ターゲットを設定することです。

どんな記事でも読者なしでは成り立ちません。
ターゲット設定がズレるだけで、記事の質に大きく影響が出ます。

テストの際にも、誰に向けて書いているのかをイメージしながら書くのがオススメです。

サグーワークスで本格的に活動しよう!

サグーワークスはプラチナライターテストが実装されている、本格的なライター活動をする予定の方はぜひ利用してほしいクラウドソーシングサイトです。

テストは難易度の高いものではありますが、高単価案件や、専属ライターとして継続案件をいただけるようになるなど、その難易度に見合った報酬が用意されています。

あなたもサグーワークスでプラチナライター目指し、実用的なライティングスキルを身につけてみましょう。

サグーワークスへの登録はこちら▼

サグーワークス公式HP