キメラゴン初のオンラインスクール
「インフルエンサークエスト」

ライティングだけじゃない、Webライターの仕事内容

ライティングだけじゃない、Webライターの仕事内容

フリーWebライターのたまくわです。

Webライターは副業ブームの流れに乗って、名前が浸透してきた職業です。

しかしWebライターの具体的な仕事内容を知っている人って結構少ないんですよね。

今回は仕事内容とWebライターに向いている人、そしてWebライターになる方法まで解説していきます!

Webライターの仕事内容は「クライアントの求める文章を書くこと」

Webライターの仕事内容は、クライアントが運営するWebメディア用に記事や文章を書くことです。

Webライターとして仕事をする中で主に行うことを3つご紹介します。

書く記事の構成案を作る

記事を書く前に、まずは構成案を作ります。

どのような流れでどういった記事を書くのかをまずは決めて、クライアントとすり合わせます。
あとから方向性が違っていた場合に取り返しがつかないので、この工程はとても重要です。

すでにクライアント側が構成を用意しているケースもあります。
初心者のうちはこちらの方が多いかもしれません。

構成案をもとに記事を書く

メインの仕事内容としてやはりライティングです。クライアントと方向性を確認して作った構成案のもとに、本文を書いていきます。

本文は読みやすさを意識した文章を書きます。

例えば最近ではスマートフォンを使ってWebサイトを閲覧する人が増えてきているので、小さい画面でも読みやすいように適切な量の改行をするなど工夫する必要がある工程です。

また、1文の文字数は40文字以下にするよう心がけるなど、細かいことを意識しながら本文を書いていきます。

他のWebサイトを分析

ライターとして記事を書くのであれば、他サイトの分析も必要になります。

例えば他のサイトでは紹介されている情報にプラスして情報を追加すると、競合に差をつけることができます。
また、どのサイトでも紹介されていない情報を盛り込むことで、より質の高い記事を書くことも可能です。

記事を書くために競合を分析し、どのような記事を書けばいいか考えるのもライターの仕事です。

どれもパソコンやスマホがあれば行うことができるので、在宅での副業などで人気のある働き方です。

Webライターは書けば書くほど収入になる仕事

ライターは記事ごとに、または書いた文字数ごとに報酬がもらえる成果報酬型です。

主に「文字単価」と呼ばれる支払い体系になっており、1文字でいくら、という単価が設定されています。

1記事で何円、という記事単価での支払いもありますが、ほとんどは文字単価です。

いわゆる「成果報酬」や「歩合制」にも似ていて、記事を書かなければ報酬はもらえません。

しかし記事を書けば書くほど収入が青天井に伸びる、稼ぎやすい仕事でもあります。

Webライターの収入事例

実際の数字を使って、収入を計算してみましょう。

ライターの文字単価は1円で、3000文字程度の記事を毎日1記事書くとします。

1ヶ月継続すると「1記事(3000文字×1円)×30日」で9万円です。
毎日1記事書けば大学生のアルバイトと大差ないくらいに稼ぐことができますね。
最低賃金によってはアルバイトよりも稼げるかもしれません。

また、毎日2記事書くだけで18万円と、新卒正社員の給料とほとんど変わりません。
Webライターは成果報酬で実力主義ではありますが、参入障壁の低さから、誰でも簡単に始められる仕事です。

時間がたっぷりある主婦の方でWebライターをやっている人が多いのはこのためです。

さらに毎日1記事であればサラリーマンとしての本業が終わってからでも無理なく継続できる量であり、場所や時間を問わずに働けるため、副業にも最適です。

Webライターに向いている人

1. 文章を書くのが好き

文章を書くのが好きな方は、Webライターに向いてます。

基本的に少なくても3000文字程度の文を書く必要がある仕事です。

文章を書くのが得意ではない方には、苦しい作業になってしまうかもしれません。

また文章を書くことに加えて、タイピングの速度も重要な要素になってきます。
タイピングは練習すれば後から速くなるので、とにかく文章を書くのが好きであるというのは前提条件になります。

2. パソコン業務が苦じゃない

ライターはパソコンで仕事をするため、パソコンの操作に慣れている必要があります。

タイピングはもちろんのことWordやExcelの基本操作程度であれば問題ない、というような方が理想です。

クライアントによっては、WordPressというソフトウェアを使用した記事執筆を依頼されるケースもあります。
WordPressが使えると高単価な案件を受注できるというケースも多いです。

ワードプレスの操作性は自分でブログを運営してみると自然と慣れてきます。
文章を書く練習や高単価ライターを目指すなら必要なSEOライティングの知識もブログ運営で学ぶことができます。

詳しくは「ライターが実績ゼロから仕事を増やしていく方法」についての記事を参考にしてください。

3. 自分を律することができる

基本的にはリモートワークで業務を行うWebライターとして仕事をするのなら、自分をコントロールできなければいけません。

Webライター自体は場所を問わず、好きなタイミングで好きなだけ仕事ができる仕事です。

しかしそれでは記事を書き終わらないので、1日にどれくらい仕事をするかはある程度決めておく必要があります。

書き始めるタイミング、時間、場所は定められていなくても、納期だけは絶対です。

納期から逆算して1日あたりどれくらいやるのかを決め、しっかりと継続して取り組める人でなければ、難しいかもしれません。

✔︎ポイント

 

繰り返しになりますが、Webライターは実績ゼロからでも始めることは出来ます。

 

自分には特別なスキルがないからと諦めなくて大丈夫です。

 

まずは始めてみることから始めましょう。

Webライターになるには

これまでの仕事内容を見ていてWebライターに興味が湧いた方は、クラウドソーシングサイトに登録することから始めてみましょう。

クラウドソーシングサイトとは、クライアント(仕事の発注者)とあなたを繋いでくれるサイトです。

数多くのWebライターの案件が掲載されており、仕事を受注できるチャンスが転がっています。

Webライターは参入障壁が低く、クラウドソーシングで仕事を取ってくるだけで、本格的な活動をスタートすることができるのが特徴です。

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイトについては下記の記事を参考にしてください。

Webライターは文章に接する仕事

ネットでお金を稼ぐには様々な手段や職業がありますが、初心者に最も向いているのはWebライターです。

Webライターは参入障壁が低く誰でもできる上、時間や場所を問わず、書けば書くほど稼げる仕事です。

興味を持った方は、クラウドソーシングサイトに登録して、Webライターとしてお金を稼いでみましょう。

Webライターに興味がある、もっとWebライターとしての収入を伸ばしたいという方は、当サイトキメラゴン.jpのWebライターカテゴリーを覗いてみてください。

きっと何かあなたのお役に立てる記事が見つかるはずです。