キメラゴン初のオンラインスクール
「インフルエンサークエスト」

Webライターのフリーランスって正直危ない?現役ライターが解説

Webライターのフリーランスって正直危ない?現役ライターが解説

フリーランスのWebライターとして活動しているたまくわです。

Webライターは副業のイメージが強い仕事ですが、本業として活動していくのも難しくありません。

今回は実際にフリーランスのWebライターとして活動している私が、フリーランスの実情について解説していきます!

フリーランスWebライターの実情

現在フリーランスとして活動している私から、フリーWebライターの実情について私の例を挙げて解説します。

  • 月収は15万円ほど
  • 仕事は定期的に受けられる
  • 収入は安定して入ってくる

順番に解説していきます。

現役フリーランスWebライターの月収は15万円

Webライターの収入は少ないと言われることが多いですが、私は自分の時間も確保しながら月15万円ほどの収入が入ってきます。

「自分の時間も確保しながら」というのは、自学自習の時間のことです。
Webライターとして活動するには情報収集や勉強も継続して行い、自分の価値を高め続けなければいけません。

そのためにも毎日大量の時間を記事の執筆に注ぐのではなく、ある程度は自由時間を設けて、スキルアップの時間にしています。

仕事の時間をもっと増やせば、20万円も視野に入ってくるかなという印象です。

仕事も定期的に受けられる

独立する際にネックになるのが仕事を受注できるかどうかですが、私の場合は仕事も定期的に受注できています。
これは大きく2つの理由があります。

1つは独立する前にしっかりとスキルと実績を積んだからです。
当たり前ですが、何もない状態で独立してしまうと素人同然なので、仕事を安定的に受けることは難しくなります。
そのため、まずは実績を積み上げてから独立を決意しました。

もう1つは継続案件をもらえるように意識しているからです。
例えば納期をしっかりと守る、快適なコミュニケーションが取れるようにする、連絡があったらすぐに返事を返す、といったことを心がけています。
クライアントからの信頼がフリーランスにおいては最も重要なことなので、信頼を失わないようにしています。

信頼していただければ継続的に仕事を発注してもらえるので、クライアントからの信頼はフリーランスにとって重要なポイントです。

収入は安定して入ってくる

フリーランスは収入が不安定だとよく言われますが、個人的にはそうは思いません。

仕事をやればやるほど稼げますが、やらなければ収入がゼロになるのもフリーランスの特徴です。

単純に毎日これくらいの時間は仕事をすると決めて、それを淡々とこなせば収入は安定するなと感じました。

特にWebライターの報酬の性質上どうしても毎日1本は記事を書かなければいけませんが、しっかりと仕事をこなすことさえできれば、収入は安定します。

Webライターとしてフリーランスになる3ステップ

Webライターとしてフリーランスになる方法はたったの3ステップ。

  • 仕事を受注
  • 継続発注してもらう
  • 独立

順番に解説していきます。

1. クラウドソーシングサイト等で受注

まずはクラウドソーシングサイトに登録し、気になる案件に応募します。

実績がない頃は発注してもらいにくいかもしれませんが、仕事をこなせば実績にもなります。
クライアントからの評価も溜まっていって応募の通過率も徐々に上がるでしょう。

発注してもらったら継続して記事を書くようにしてください。

ライターとしての実績ゼロから成長していくための詳しいノウハウは下記の記事を参考にしてください。

2. 継続的に発注してもらう

返信が早かったり、記事の質が高いと継続して発注してもらえます。

クライアント側も継続して発注できるようなライターを探しています。
こちらも誠意を持って接していれば、継続的な発注をしていただくことは難しくありません。

もちろん単発での契約もありますが、単発で仕事を受けた後に再び依頼をいただくことも珍しくはないので、単発でも仕事を精一杯こなしましょう。

ここで継続して発注してもらえたら、クライアント数を無理のない範囲で増やしていきます。

例えばクライアント1人(社)から5万円いただけるのであれば、同じようなクライアントを4人(社)抱えれば20万円ですね。

このように自分の文字単価や書ける記事数、欲しい収入に合わせてクライアントの数を調整すると無理なく仕事ができます。

大体20本ほどの記事を書くと単価交渉も検討してくれるかなと思います。

ライターとして単価アップを狙う方法についてはこちらの記事をどうぞ▼

3. 安定してきたら独立

2でクライアントの数を増やしていって、安定して収入が入るようになったらいよいよ独立です。

独立と言っても大したことをする必要はありません。

1つアドバイスをするなら、クライアントは絶対に複数持つようにして、収入源はバラつかせるようにしてください。
クライアント1人から20万円もらえるとしても、発注がなくなってしまえば一気に収入ゼロです。

複数抱えるようにすれば発注が止まっても収入には影響が少なくて済みます。
独立後はより収入を安定させることを意識して活動するようにしましょう。

フリーランスWebライターでも収入を安定させる方法

フリーランスとして独立した後でも収入を安定させる方法があります。

  • 収入源の多角化
  • ブログ・SNSからも仕事が入るようにする
  • コネを持つ

順番に解説していきます。

1.収入源を複数持つ

フリーランスとして活動するなら収入源の多角化は絶対に必須です。

Webライターなら、仕事を発注してもらえるクライアントは複数抱えるようにしましょう。
1人だけだと発注がなくなればそれまでですし、自分の収入がゼロになってしまいます。

また、1つのクラウドソーシングサイトだけでなく、複数のクラウドソーシングサイトを利用するようにするとより仕事が見つかりやすくなります。

ランサーズでは掲載されていない仕事でも、クラウドワークスや他のクラウドソーシングサイトには掲載されている場合があるので、少なくとも2つのサイトを利用するようにすると収入が安定しやすくなりますよ。

「どのサイトに登録すればいいの?」という方はWebライター向けに案件検索用のサイトをまとめたので下記の記事をどうぞ▼

さらに、フリーランスであればWebライター以外の収入もあるのが理想です。
Webライターは記事を書かなければいけない仕事なので、病気や怪我などの理由で記事が書けなくなったら一気に収入がゼロになってしまいます。

まずはブログ等、Webライターのスキルが活かせる他の収入源があると、さらに安定しやすくなりますし、ライターとしてのスキルや実績にもなって一石二鳥です。

2.ブログやSNSから仕事が入るようにする

クラウドソーシングサイトだけでなく、ブログやSNSからも発注されるようにした方が良いです。

ブログであればポートフォリオを掲載しておいて、仕事の問い合わせが入るようにすると良いです。
特にWebライターとしての情報発信などを行っていると自分のスキルが分かりやすいため、クライアントも信頼して発注してくれやすくなります。

SNSの場合も同じで、仕事の依頼をDMで受け付けている旨をプロフィールなどに書いておけば仕事の連絡が来るようになります。

注意点として、ブログとSNSでは他者を罵倒するような誹謗中傷の内容は投稿しないようにしましょう。
一目で信頼できない人だと判断されてしまい、仕事が依頼されなくなってしまいます。

また、ブログから収益が発生すれば収入源にもなるので特にオススメです。
収益が発生しているブログを運営しているというのは、自分のライティングスキルは利益に繋がるという証明になりますので、他のライターとも差別化することが可能です。

下記の記事では、ワードプレスブログの始め方を詳しく解説しています▼

3.多くの人と繋がるようにする

多くのフリーランスと繋がって、仕事の話が来るようにしておくと収入が安定するようになります。

例えばライターが諸事情により仕事ができない時、クライアントの了承を得た上で知り合いのWebライターに仕事をやってもらうのは珍しくありません。

また、こちらも仕事ができない場合に、他のライターに任せられるという利点もあります。
「このライターは他の優秀なライターとの繋がりがある」ということで、クライアントからより信頼されるというのも、よくあるケースです。

さらに、クライアントから、ライターを探している企業などに紹介してもらうようにお願いするというやり方もあります。
自分はどういった記事を書けるのかを簡潔に伝えておくと、より紹介してもらいやすくなるでしょう。

様々な人とのコネを持っておくと、営業しなくとも仕事が発注されるようになるので、収入の安定にも繋がりますよ。

Webライターのフリーランスは意外と難しくない

フリーのWebライターとして活動していると、収入の安定についてよく質問されることがあります。

個人的にはあまり苦労したことはありません。
発注された仕事はしっかりこなして実績を積み上げて、この記事で挙げたことを意識して活動していれば、収入に困ることはありませんでした。

一般的にはフリーランスとして独立するのは難しいと言われています。
確かに誰にでもできるようなことではないですし、気軽に人にオススメできるものではありません。

しかし当たり前のことが当たり前にできる人なら、フリーランスとして活動できると考えています。

もし独立を検討しているのであれば、勇気を持って一歩踏み出してみてください。