キメラゴン初のオンラインスクール
「インフルエンサークエスト」

プログラミング初心者におすすめのパソコンをOSごとに厳選【2020】

プログラミング初心者におすすめのパソコンをOSごとに厳選【2020】

プログラミング初心者がパソコンを買いたいと思った時、種類が多すぎて何を選べば良いかわからないですよね。

僕もプログラミングを始める時はパソコン選びには悩みました。

パソコン選びが必要な理由は、メーカーや製品によって、プログラミングの向き不向きがあるからです。

『プログラミング初心者でパソコンを買おうと思うんだけど、どんなパソコンを選んでいいかわからない

今回はこんな悩みを、実際にプログラミングで仕事をしている僕の経験をもとに解説していきます。

プログラミング初心者がパソコンを選ぶポイント

プログラミング初心者がパソコンを選ぶポイント

まず最初に、プログラミング初心者がパソコンを選ぶ際に見るべきポイントが下記の通りです。

  • スペック
  • デスクトップ/ノートパソコン
  • 新品/中古
  • 値段

さっそく一つずつ説明していきます。

スペック

プログラミング初心者が最初に見るポイントはパソコンのスペックです。

スペックとは簡単に説明するとパソコンの性能のことですね。

正直、スペックが低いパソコンでもプログラミングの学習はできますが、複雑なプログラムを組むときや、データ量が多くなってくると、読み込みが重くなったり作業効率が落ちてしまうので、今後プログラミングで仕事をしていこうと思う人は十分なスペックのパソコンを用意することをお勧めします。

✔︎CPU

CPUとはパソコンの処理速度に関わるスペックで、パソコンの頭脳的な役割になります。

例えばプログラミングで計算する場面ではCPUが計算をすることになります。

CPUのスペックが良ければ計算は速いですが、低スペックだと計算に時間がかかってしまい、単純に作業が遅くなりますよね。

CPUにはIntel社製の「i3」「i5」「i7」などがあり、AMD社製は「Ryzen」というCPUがあり、数字が大きいほど高スペックにります。

時々ですが、i7なのに不自然に値段が安い場合などは、CPUの世代が古い可能性があるのでよく確認する必要があります。

  • 推奨:Core i5、Ryzen5
  • お金に余裕があれば:Core i7、Ryzen7

✔︎メモリ

メモリとは記憶容量のことで、メモリ量が大きいほど、同時にたくさんのアプリを起動することが出来ます。

プログラミングはエディタを動かしたり、ブラウザで調査をしたりと、複数のアプリケーションを動かすことが多いです。

メモリの量が少ないとパソコンでいろんなアプリを立ち上げてると、動作が重くなったり描画が遅くなったりします。

8GBあればプログラミングをやるには問題ないと思いますが、余裕のある方は16GBにしてみましょう。

  • 推奨:8GB
  • 余裕があれば:16GB

✔︎ストレージ(SSD・HDD)

ストレージとはパソコンの容量になるスペックです。

内蔵ストレージには代表的なものだと「HDD」と「SSD」の2種類があります。

HDDは、容量が大きく比較的安価だけど低速なストレージです。

SSDは、容量は少なめで高価だけど読み込みスピードが高速です。

またSSDは衝撃に強く、HDDは衝撃に弱いというのもあるので、SSDの方がデータが消えにくいというメリットもあります。

特別な理由がない限りSSDを選んでおくのがいいでしょう。

  • 推奨:SSD/256GB〜

✔︎OS

OSとは、ユーザがコンピュータを動かしやすくするための基盤となるシステムのことです。

代表的なOSには「Windows」「MacOS」「Unix」「Linux」などがあります。

開発で使われている端末はWindowsとMac OSが多く、UnixやLinuxはサーバに使われていることが多いです。

どのOSを選んでもプログラミングはできますが、企業に多いのは圧倒的にWindows、ベンチャー企業やスタートアップ、個人で仕事している人はMacを使っている人が多い印象です。

推奨:MacOS・Windows10

✔︎モニター

モニターは画面の大きさですね。

画面サイズは好みになってくるので、自分が見やすければいくつでも良いですが、画面は大きいほど作業がしやすいです。

プログラミングをするなら13インチ以上はあったほうが作業が捗ります。

市販されているノートパソコンの画面サイズは13インチ〜17インチが多いです。

  • 推奨:13インチ
  • 余裕があれば:16インチ〜

デスクトップ/ラップトップ

次は、机の上に備え置いて使用するデスクトップか、持ち運び可能なラップトップ(以下「ノートパソコン」という)どちらがいいかです。

主に自宅でしかプログラミングをしないのであれば、デスクトップでも問題ありません。

ノートパソコンはスペックが低いと思われがちですが、近年のノートパソコンであれば、プログラミングするには十分です。

また、勉強会やオフライン交流会も増えているため持ち運びできるノートパソコンの方が便利だなと思う部分は多いです。

軽いものも多く非常に利便性も高いので、将来的にプログラマとして仕事をするのであればノートパソコンがおすすめです。

  • 推奨:ラップトップ(ノートパソコン)

新品/中古

結論から言うと中古パソコンでもプログラミングは十分に出来ます。

新品に比べると、中古品は保証期間が短いなどがありますが「コストを抑えたい」「練習用に使いたい」等だったら、中古パソコンも選択肢にいれてもいいと思います。

ただプログラミングを仕事にしたい場合や、長い目で見た時は新品のパソコンにしましょう。

値段

次に値段ですが、ノートパソコンであれば10万円~50万円程度、デスクトップであれば10万円~100万円を超えるものもあります。

10万〜15万円程のパソコンなら、プログラミングには十分なスペックが買えると思います。

今まで解説してきたパソコンを選ぶポイントをふまえた上で、2020年プロフラミング初心者におすすめのパソコンを紹介していきたいと思います。

【2020年】プログラミング初心者におすすめのパソコン

2020年プログラミング初心者におすすめのパソコン

では2020年プログラミング初心者におすすめのパソコンを紹介していこうと思います。

  • Mac
  • Windows

今回はこの2つに絞って紹介していきます。

Mac

MacBookAir

  1. 金額:¥114,800(税別)
  2. 画面サイズ:13.3インチ
  3. カラー:「スペースグレイ」「ゴールド」「シルバー」
  4. 重さ:1.29 kg
  5. CPU:Core i5
  6. メモリー:8GB
  7. ストレージ:SSD/256GB
  8. OS:macOS
  9. Touch ID搭載

Appleの公式HP

MacBookPro

  1. 金額:¥159,800(税別)
  2. 画面サイズ:13.3インチ
  3. カラー:「スペースグレイ」「シルバー」
  4. 重さ:1.37 kg
  5. CPU:Core i5
  6. メモリー:8GB
  7. ストレージ:SSD/256GB
  8. OS:macOS
  9. Touch ID搭載

Appleの公式HP

Windows

Surface Laptop 3

  1. 金額:¥161,480円(税別)
  2. 画面サイズ:13.5インチ
  3. 重さ:1.265kg
  4. CPU:Core i5
  5. メモリー:8GB
  6. ストレージ:256GB
  7. OS:Windows 10

Microsoftの公式HP

ThinkPad X1 Carbon(2019)

  1. 金額:¥174,042円 (税別)
  2. 画面サイズ:14インチ
  3. 重さ:約1.09kg
  4. CPU:Core i7
  5. メモリー:16GB
  6. ストレージ:512GB
  7. OS:Windows 10

Lenovoの公式HP

MacとWindowsの違い

MacとWindowsの違い

プログラミング初心者はMacとWindowsどっちがいいのか悩むこともありますよね。

ここではMacとWindowsの違いについて説明していきす。

iPhoneアプリを作りたいならMac

iPhone向けのアプリ(iOSアプリ)を開発したい場合はMacにしましょう。

開発のためにはApple社製の「XCode」という開発環境をインストールする必要がありますし、MacOSのアカウントと紐づけてアプリを製品化するためです。

Windowsで開発することは不可能ではありませんが、環境を整えるのに手間と時間がかかるため、Apple製品のアプリを開発する場合にはMacのパソコンがおすすめです。

PCゲーム開発ならWindows

PCゲームを開発したいと思っている方は、Windowsのほうがいいです。

パソコンシェアはWindowsの方が多く、PCゲーム開発をする時もWindowsのパソコン向けのものが多くなるからです。

開発用のソフトやライブラリを使用する必要がありますが、簡単にインストールして開発環境を構築できるというメリットがあります。

プログラミング初心者はMacがおすすめ

プログラミング初心者がパソコンの購入を検討しているのであれば、Macがおすすめです。

理由は、Ruby・Python・PHPなどのプログラミング言語を使ったアプリケーションのほとんどがLinuxベースで動いているため、サーバーと同じ環境で学習できるMacの方が効率的に学習できます。

僕もMacBookProを使っていますが、Mac向けの情報も多いのでプログラミング学習も捗ります。

自分に合ったパソコンが見つかったらプログラミング学習を始めよう

自分に合ったパソコンが見つかったらプログラミング学習を始めよう

ここまでプログラミング初心者がパソコンを選ぶポイントとおすすめのパソコンを紹介してきました。

パソコンが選べたらさっそくプログラミング学習を始めていきましょう。

学習方法は独学やスクールなど様々ですが、家にいる時間がほとんどな今、在宅で短期集中的に学べるオンラインプログラミングスクールがおすすめです。

下記の記事にプログラミングスクールのオンラインで受けられるサービスについて、実際にプログラミングスクールを卒業してエンジニアとして働くライターがおすすめのオンラインスクールについて解説しているので参考にしてください。