キメラゴン初のオンラインスクール
「インフルエンサークエスト」

トレンドブログをおすすめしない訳「更新を止めたら収入も止まる」

トレンドブログをおすすめしない訳「更新を止めたら収入も止まる」

トレンドブログは、将来的に資産になるブログを作りたいと考えている方にはおすすめしません。

なぜなら記事を書くことを止めたらブログへのアクセス数が減り、ブログ収入も止まってしまうからです。

多少手放しでも勝手にお金を稼いでくれるブログを目指すなら、トレンドではなく、長期間ニーズのある記事を積み上げる必要があります。

トレンドブログは長期的にお金を稼いでくれない

トレンドブログで書く記事は、長期的にお金を稼いでくれるものではありません。

なぜなら「トレンド」は一過性で、その時が過ぎればニーズが失われるからです。

トレンド記事は寿命が短い

トレンド記事は、その情報のニーズが短期間で、すぐにピークが過ぎてしまいます。

例えば、鬼滅の刃とどこかのお店がコラボをしたとしましょう。

コラボ期間前やコラボの開催中は、コラボの内容や期間について調べる人が爆発的に増えるかもしれません。

しかし、コラボ期間が終わったらどうでしょう。

ほとんどこのコラボについて調べる人はいなくなりますよね。

このようにトレンド記事は寿命が短いです。

最新のニーズを満たすには常に新記事が必要

ブログに来てくれる人を常に確保したいなら、常に最新のニーズを満たす記事を書き続ける必要があります。

また、トレンド記事で大事なのは情報の早さなので、常にアンテナを張って情報が流れた瞬間に記事を書くというスタンスが必要。

そして過去に書いた記事は数日〜数ヶ月すればニーズを失うので、その時々の新記事しかユーザーを集めてくれません。

ずっとユーザーを集められるトレンドブログにしたいなら、いつになっても新記事を書き続ける必要があります。

スピード重視の質の悪い記事はSEOでマイナス

トレンドブログで速さを重視して、質の悪い記事を書くとブログ全体のSEO評価が低下する可能性があります。

これを避けるには「no index※」の設定をしてSNSからの集客に特化させるなど対策があります。

※no index ≒ 検索結果に表示させないようにすること

この設定をすると、その記事はSEO評価の対象外となる。

とは言え、どちらにせよ質の悪い記事はどれだけ書いてもSEOにプラスにならない可能性が高いので、将来的な資産にはなりませんし、むしろマイナスに働くでしょう。

過去にトレンド記事を書いた結果

実は僕もブログ初心者※のころ、トレンド記事を書いていたことがありますが結果は上で説明した通り。
※1日のPVが1桁、2桁を行ったり来たりしている頃。

数日は大量のアクセスを集められてもすぐにその勢いは失われました。

ニュース速報を記事にしていた

例えば、「新元号発表」や「紙幣のデザインが変わることについて」について書きました。

新元号発表についての記事は少しバズり、1日で450人ぐらいのユーザーがアクセスしてくれる程に。

この勢いが1ヶ月続けば月間で「450人×30日=13,500人」が訪れることになります。

月間10,000PVが初心者ブロガーの第一関門と言われるので大躍進ですね。

バズりは3日と続かず…

しかし、そんなプチバズりも1日2日で終わり…。長くは続きません。

1日に450人ほど来ていたユーザーは2日後には30人ほどに。

常にバズり状態を作るには毎日トレンド記事を書き続ける必要がありました。

でも、これっていわゆる「不労所得」を作りたくてブログを始めた自分にとって元も子もない話だったんですよね。

トレンドブログで素早く稼ぐ人もいる

とはいえ、トレンドブログで稼いでいる人もいます。

自分が販売する商品やアフィリエイト商品のターゲットユーザー層が興味を持つトレンドの情報を狙って記事を作り、短期的にユーザーを集めて収益を上げる。

つまり、目的は「長期的に資産になるブログを作ること」ではなく、「短期的に小爆発的な収入を稼ぐ」にフォーカスしてるんですね。

もちろんそういう戦略もありますが、ネット上での「集客→販売」までの流れを理解していないとハードルは高め。

また、長期的に1つのサイトを育てていきたいならトレンドブログはおすすめしません。

トレンドブログはおすすめしない

トレンドブログは、「記事を更新しなくても人が来てくれて収入が得られるブログ」を作りたい人にはおすすめしません。

そういう人はSEOを学んでトレンドに頼らない記事の作成が必要です。

短期的なバズによってPVが増えることよりも着実に増えるPV・ユーザー数を目標にしましょう。